日本人講師 vs 外人講師

きめ細やかに対応可能な日本語講師

TOEIC®やTOEFL®などの資格試験授業は、日本人講師が多いです。
私自身、多くの授業を担当してきました。

また、英会話を、日本人講師が担当する英語学校もあります。
生徒さんからすると、日本人同士にしか分からない言いづらさを分かってもらえることが、日本人講師の大きな利点だと思います。

特に、文法解説は、日本人講師の方が分かりやすいです。

日本人講師は、留学や独学で大変努力し、英語を習得した方が多いからです。
そのため、日本人が英語を習得するためのコツやテクニックも、細かく教えてもらえます。

楽しく時間も忘れる授業の外人講師

以前授業を担当していた学校法人で、「外人講師は何言ってるか分からないから嫌だ」「ジョーク言っても理解できないしおもしろくない」という生徒さんが結構いました。
勉強や授業全般が嫌いな生徒の言い訳だと思いますが、このような生徒がいると、外人講師はかなり困ると思います。

こんな時、外人講師はどうすれば良いのでしょう?

日本語が分かる外人講師は、日本語で対応するべきなのでしょうか?
それとも、英語でも伝わるよう、工夫するべきなのでしょうか?

もちろん答えは後者です。
ゲームのようなアクティビティを通して、楽しく英語に親しめるよう工夫します。

”勉強”という概念のない小さなお子さんも、外人講師の授業は楽しみにやってきます。
その点で、小さい頃に外人講師の英会話授業に親しむことは、とても良いと思います。

相性もある

きめ細やかな対応の日本人講師。
工夫した楽しい授業の外人講師。

どちらが合うか、相性だと思います。
どちらか決めるには、体験授業を受けると良いでしょう。

直感で、「好き」と思う授業を受講することをお勧めします。
学校によっては、どちらも自由に取れるところがあります。

1年契約など、長期で申し込むことが多い英語学校。
実は、いろいろな種類のプログラムを提供していますので、よく調べて申し込みしましょう。

無料体験授業をお試し下さい

●オンラインにて

平日・土曜日 9:00〜21:00
日曜日・祝日 9:00〜18:00

●対面にて

平日・土曜日 11:00〜20:00(東神奈川教室)
日曜日・祝日 11:00〜18:00(関内教室)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA