欧米人と日本人のジェスチャー

外国人が話している典型的なイメージは、豊富な表情に派手なジェスチャー。

実は、日本人のジェスチャーも結構派手です。
ニコニコして頭を上下に動かしてうなずいたり、手をひらひらさせて「良い」「悪い」を表現するジェスチャー、などなど。

それに、日本語は「ドキドキ」「ワクワク」などの擬音が豊富です。
「日本語は英語に比べて平坦だから」と聞くと、「そうですか!?」と反論したくなるのも理解していただけると思います。

違いはノリでなく”率直さ”

私たちにとって、英語を話す人たちは、やたらノリがいいようなギャップを感じます。
これは、欧米とアジアにある文化の違いが大きく関わっていると考えられます。

英語圏は、言葉裏が少なく、表現が率直な言語の文化です。
一方で、日本語は、他人に対してひときわ遠回しな表現を多用します。

生徒さんから、「英語で話すと焦ってしまう」とか「何を話していいのか分からなくなる」という声を聞きます。

焦ると早口になり、欧米風の表情やジェスチャーを真似しようとすると、そちらに気をとられます。
その結果、「何を話したらいいのか・・・」ということになるのではないでしょうか。

単語や文法の基礎力は必須

英語初心者さんは、英語にとって大事な主語や動詞、時制などを無視しがちになります。

よく「英語を話すのに、文法は関係ない」と言いますが、私はそうは思いません。
「ミスしても関係ないわ!」という度胸のある方は、そもそも「英語が話せなくて困る」という悩みはないと思います。

ミスや文法が気になるのは当たり前。
学生時代に習った文法をベースに、よく使う単語をしっかり身につけて話すトレーニングをすると良いです。

楽しいグループ英会話レッスンも文化を体験できるのですが、言いたいことを言うための”通じる英語”を話す練習にならないこともあるので注意が必要です。

大人が始める英会話は、「基礎力をつけて、それから話す練習」をしっかりやりましょう。
ノリは、いつでも身につきます。

無料体験授業

【受付時間】
平日 11:00 - 最終受付 19:00
土日祝 11:00 - 最終受付 17:00
※空き情報は『お知らせ【無料体験】空き情報』のページをご覧ください。

【場所】
東神奈川教室(JR京浜東北線東神奈川駅、東急東横線東白楽駅から徒歩約5分)
関内教室(JR根岸線関内駅から徒歩約3分)
※平日・土曜日は東神奈川教室、日曜日・祝日は関内教室になります。