【傾向チェック】目タイプ or 耳タイプ あなたはどっち?

アイキャッチ

英語の身につき方は、お一人お一人違います。

理系、

文系、

読む・書くのが好き・嫌い、

聞く・話すのが得意・苦手、

などなど。

私は国際学科の専攻なので、文系です。

コミュニケーションは好きですが、読むのは苦手です。

私は理系で、単語の暗記は得意です。

リスニングに、少し苦手意識があります。

得意なことばかりやると効果が下がりますし、

苦手なことばかりやっても継続できません。

「英語がなかなか身につかない」という方は、学習方法を変えると効果があるかもしれません。

「テストのスコアが伸びない。」という方は、せっかくの努力が無駄になっている可能性があります。

傾向チェックであなたの得意と苦手を知り、最善の方法を見つけましょう!

チェックSTART

AとB、どちらに「はい」が多いですか?

【A】

Q.1    どちらかというと暗記は得意。

Q.2    基本の英文法はだいたい理解している。

Q.3    学校の英語テストで平均点以上は取れた。

Q.4    多人数の中では、じっくり聞きながら考えて意見を言うほう。

Q.5    あらかじめ準備し、手順に沿って要領よくこなすのが好き。

【B】

Q.1    単語や文法はなかなか覚えられない。

Q.2    ジェスチャーも入れて話すのは普通。

Q.3    上下関係や国籍の違いは、あまり気にならない。

Q.4    多人数の中では、思ったことを積極的に発言したいほう。

Q.5    失敗してもすぐ切り替え、乗り越えながらこなしていくのが好き。

Aが多い人

Aに「はい」が多い人は、目で英語を理解する【目タイプ】です。

目タイプの特徴

正確さ

語彙や文法が知識が身についているため、正確に英語を使いこなす力がつきやすいです。

マネジメント力

英文のルールの理解が早いため、文章構成など、効率よく英語を理解しマネジメントすることに長けていると言えます。

スピード不足

身についている知識で英語をアウトプットするとき、正確さやミスが気になりアウトプットのスピードに欠けるかもしれません。

リスポンス不足

相手の言い分に対して受け身になりがちなため、対応力が足りない可能性があります。

Bが多い人

Bに「はい」が多い人は、耳で英語を理解する【耳タイプ】です。

耳タイプの特徴

積極性

ネイティブ表現を使うことに抵抗がないため、外国の方に理解しやすい結論から話すスピーキングができるようになります。

発音

発音を真似てアウトプットするスキルが高いため、グローバルに通じる発音を聞いたり話したりすることに長けていると言えます。

外国人

●マネジメント力不足

単語や文法の知識が生かせないので、スピーディーにタスクをマネジメントする力が足りない可能性があります。

直訳しがち

能動的に発信したい分、「日→英」「英→日」と直訳しようとしてしまうため、少し込み入った話の場合はアウトプットに時間がかかるかもしれません。

書く

英語は、勉強ができさえすれば伸びるわけではありません。

そこが難しいところであり、面白いところでもあります!

お気軽にお申し込みください。

パソコン

営業時間

平日 9:00~21:00 / 土日祝 9:00〜18:00 (お盆時期・年末年始を除く)

東神奈川教室

横浜市神奈川区西神奈川1-13-12 アーバンビル 6F ウィズスクエア横浜 内
JR京浜東北線『東神奈川』/ 東横線『東白楽』から徒歩5分/ 京急線『京急東神奈川』から徒歩8分(自転車置き場あり・近隣にイオン駐車場駐輪場あり)

オンライン

メールにて、事前に招待リンクをお送りいたします。当日リンクをクリックしてご接続ください。