英語でとっさに答える

先日ラジオを聴いていたら、某芸能人が番組内で英語を習って、その過程を放送するというコーナーをやっていました。

芸能人さん曰く、「オリンピックもあるし、外国人に道案内くらいはできるようになりたい」とのことでした。

 

実際、道案内というのは、日本語でも難しいものです。

私はよくいろんな人から道を聞かれるのですが、日本語でも「そこを右に行って郵便局のところをまっすぐ」のような説明しかできません。

 

それを英語でやるって、難しそう…

そう思うのも、無理ないというものです。

 

では、どうすれば英語でとっさに答えられるのでしょうか?

 

まず、命令形に慣れることです。

 

道案内に必要な文法は、命令形と未来形です。

命令形は主語がいらないし、動詞はいつも原形なので、そう考えると、ほかの文法よりだいぶ簡単です。

 

そして、しゃべり始める前に、素早く頭の中で準備をしましょう。

「まず最初に、そこまで行く。」

「それから、右に曲がる。」

「最後に、郵便局をまっすぐ。」

、、、のように、順を追ってしゃべる準備です。

 

一方、逐次通訳のように、日本語をそのまま英語にして話すのは、とても難しいことです。

通訳さんはプロだからできることで、プロでない方にはなかなか難しいと思います。

 

相手に伝わる英語にするには、素早い準備が欠かせません。

慣れるまで少し時間がかかるかもしれませんが、このような練習をすることで、少しずつ英語でとっさに答えられるようになります。

無料体験授業をお試し下さい

●オンラインにて

平日・土曜日 9:00〜21:00
日曜日・祝日 9:00〜18:00

●対面にて

平日・土曜日 11:00〜20:00(東神奈川教室)
日曜日・祝日 11:00〜18:00(関内教室)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA