英語のアウトプット力はテストで計れない

ブログ

『テストの得点=英語力』の日本

学校では、私たちの英語力は、テストで計られます。

中間テストや期末テスト。
そして入試。

教科書や参考書を元に、先生たちが作ったテストによって、私たちの英語力は決められています。

ところが、英語テストの得点が高い学生が、思うように英語で話したり書いたりできるとは限りません。

「テストの点が良くても、英語で話したり書いたりできるわけではない」のは、周知の通り。
テストで、本当の英語力が試されるというわけではありません。

テストでは、「満点取れたからすごい」とか、「平均点取れたからセーフ」というような評価しかできないのです。

一方、センター試験が廃止になる代わりに民間の英語試験を導入したり、国をあげて海外留学を推奨したりと、文部科学省はあれこれ策を練っています。

学生や親御さんの間で、「急には対応できない」などと、賛否両論起こっています。
しかし、時代の流れとしては、変えざるをえないのだと思います。

実際、親子代々すっかり定着してまった制度を変えることは、とても難しいです。

意見をアウトプットしづらい日本の学校

「英語くらい、話せないと困る。」
「グローバル社会に置いていかれる。」

そんな声を、あちこちで聞くようになって、かなり経ちます。

しかし、実際はどうでしょうか?

日本人の英語力は、世界レベルで見てみると、今もとても乏しいです。

ちなみに、文科省が発表した小学生と中学生の英語力は「英語の即興力に課題はある」とのこと。

「自分の考えを何とか伝えようとする粘り強さもみられる」と分析していますが、「英語力が認められる」とは語っていません。

日本の学校は、自分の意見をアウトプットしづらい環境です。
先生の指示に従って行動し、「みんなと一緒」が一番安心で居心地が良いのです。

英語特有の”率直さ”をもって、意見をアウトプットすれば、クラスやグループでは浮いてしまうでしょう。「浮いてしまうことが一番怖い!」と言う学生も、少なくありません。

ところが、英語を必要とする国では、自己主張は欠かせません。
お隣りの韓国ですら、同様です。

このように、私たち日本人にとって、英語のアウトプット力に必要な”率直さ”を身につけるのは、けっこうハードです。

思うように英語をアウトプットできるようになるには、それなりの努力が必要ということなのです。

その努力なしでは、英語を話したり、グローバル社会で生き抜いたりすることは難しいです。

大人でも間に合うアウトプット学習

ところで、未就学児の頃から、英会話を学ぶお子さんが増えています。
英会話のお稽古ごとは、運動系のそれと、一位二位を争っています。

「うちは全然英語なんかやる家庭環境じゃなかったし・・・」と、嘆く人もいることでしょう。
しかし、心配はいりません。

私の講師経験から言うと、大人になって改めて英語学習を始めると、いくつかメリットがあります。

まず、大人は、英語特有の”率直さ”を身につけやすいです。
意見や主張を言える経験が、すでにある場合が多いからです。

次に、大人は、語いが豊富です。
子供は、そうはいきません。

また、基本文法は学習済みです。
「文法は苦手」という人でも、復習用のかんたんなテキストを一冊やるとすぐ思い出します。

小さい頃から英語を習っているお子さんは、学校の勉強はできるようになります。
しかし、英語のアウトプット力は、あまりありません。

実際、バイリンガルのお子さんでも、英検の面接試験などでは、対策をしないとかんたんに不合格になってしまいます。

英語のアウトプット力を高めたい大人が持つべき姿勢は、「ちょっと失敗しても、別にいいじゃん」という開き直りだと思います。

学生時代の、「英語のテストはさんざんだったな」とか、「単語暗記や文法がつらかった」とかいうネガティブな思い出は、すっかり捨てましょう。

大人になって身につける、英語のスピーキングやプレゼン、メール・ライティング力は、先生や上司に評価されるためのものではありません。

そのアウトプット力は、あなた自身のためのものなのです。

無料体験授業をお試し下さい

●オンラインにて

平日・土曜日 9:00〜21:00
日曜日・祝日 9:00〜18:00

●対面にて

平日・土曜日 11:00〜20:00(東神奈川教室)
日曜日・祝日 11:00〜18:00(関内教室)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA