”フツー”の英会話ができない!

”フツー”ほど難しい!

「いや〜、会食とかで外国人から話しかけられると緊張しちゃって…」

仕事で海外に行く知人から、よく受ける相談です。

 

彼曰く、「簡単なはずの、”フツーの”英会話ができない」と言うのです。

 

さらに言うには、

「仕事で使う単語なんかは、スラスラ出てくるんだけどねぇ〜…」

 

「話す」=「自分の引き出しを開けて、知識をちょこちょこ取り出す」ことだと思います。

なので、知ってることは、スラスラ話せるのは当たり前です。

 

でも、知らないことは、スラスラ出てきません。

相手が外国人だろうが、日本人だろうが、”フツーの”会話って結構難しいと思うのです。

話題づくりの大切さ

日本では、一般的に『出身地』『家族』『年齢』『血液型』などを、”フツーの”会話で話します。

では、相手が外国人だったら、どうでしょう?

 

「英語が出てくる」=「自分の引き出しを開けて、知ってる知識を取り出す」ことです。

「出身どこ?」とか「兄弟いる?」とかが、ちょうど”フツーの”会話だと思います。

 

欧米では、『年齢』とか『血液型』の話はあまり一般的ではありません。

でも、日本文化の話として、話せばいいと思います。

 

「先輩・後輩の文化って知ってる?」とか、「A型とO型は相性いいらしいよ」とか。

 

こういう話って、結構喜ぶ外国人もいれば、露骨に興味ない顔する外国人もいます。

でもまあ、仕事以外あんまり共通点がない人たちの”フツーの”会話って、そんなものです。

ヘタでも話し続ける練習

ヘタでも続けていると、確実に、”フツーの”英会話ができるようになります。

「外国人とはたまにしか会わないしなぁ〜…」という人は、英語講師を練習相手に”フツーの”英会話をするのがよいでしょう。

 

ポイントは、同じ話を、繰り返し話すことです。

週1回会う講師には、毎週同じネタで話します(ウォーミングアップに最適!)。

 

英語を習っていなければ、仕方ないので、録音しながら1人でやります。

テキストについてる音源やスクリプトを活用して、シャドウイングやディクテーションをすると、単語を覚えられます。

 

それから、自分がよく話すネタを、書き出してみるのもオススメです。

日本語で書き出し、あとで英語にしても構いません。

 

ちなみに、日本語を英語に直す場合、簡単な文法を使うことが大切です。

英語を複雑にしすぎないことに慣れると、”フツー”の英会話はずいぶんスムーズに出てくるはずです。

無料体験授業をお試し下さい

●オンラインにて

平日・土曜日 9:00〜21:00
日曜日・祝日 9:00〜18:00

●対面にて

平日・土曜日 11:00〜20:00(東神奈川教室)
日曜日・祝日 11:00〜18:00(関内教室)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA