英語とノリとジェスチャーと

英語のノリとジェスチャー

外国人が話している典型的なイメージは、豊富な表情に派手なジェスチャー。

なので、日本人が英語を話すときって、大げさにジェスチャーしがちです。

 

でも、日本人も結構ジェスチャーが派手ですよね?

頭を上下に動かす、

手をひらひらさせる、

おじぎする、 などなど。。

 

それに、日本語は「ドキドキ」「ワクワク」など、擬音が豊富です。

なので、「日本語は、英語に比べて平坦!」と聞くと、「そうですか!?」と反論してしまいます。

違いはノリでなく”率直さ”

日本語と違い、英語は言葉の裏が少なく、率直な表現が多いのが特徴です。

一方、日本語は、遠回しな表現を多用します。

特に、他人に向けては、ひときわ遠回しです。

「自分の意見は、相手の出方次第」というところがあり、率直な表現はあまりしません。

 

「英語で話すと焦ってしまう」、「何を話していいのか分からなくなる」という声を、よく聞きます。

焦ると早口になる、

欧米風の表情やジェスチャーを真似しようとする、

そちらに気をとられて英語に集中できない、などなど。。

 

その結果、「何を話したらいいのか・・・」となることが、少なくないのでしょうか?

単語や文法の基礎力は必須

英語初心者さんは、ジェスチャーは、最後に学ぶことをオススメします。

そうでないと、大切な語彙の知識や基本文法などが、おざなりになります。

 

よく「英語を話すのに、文法は関係ない」と言います。

でも、「何を話したらいいのか・・・」という人ほど、文法を気にしています。

 

私は、それが悪いとは思いません。

「英語がうまくなりたい!」という人は、向上心に溢れた人。

文法やミスが気になるのは当たり前です。

 

「英語は、単語といきおいで乗り切ればいい!」という人もいます。

そのような方は、そもそも「英語が話せなくて困る」という悩みはないと思います。

 

これまで英会話学校に通ったりしたけれど思うように英語力がつかなかった人は、語彙や文法の基礎力を見直しましょう。

そのうち、ノリやジェスチャーは自然に身につきます。

 

*基礎の基礎から徹底解説!

ハッチ横浜の『入門英会話』レッスンについて詳しくはこちらをどうぞ*

*今ある力にさらなる実践力を!

ハッチ横浜の『実践英会話』レッスンについて詳しくはこちらをどうぞ*

無料体験授業

【受付時間】

●対面

平日・土曜日 11:00〜20:00
日曜日・祝日 11:00〜18:00
※平日・土曜日は東神奈川教室、日曜日・祝日は関内教室で承ります。

●オンライン

全曜日    9:00〜21:00

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA