ライティングに時間がかかる理由と解決法

英語ライティングブログ

なぜ英語のライティングは難しい?

今やビジネスに必要不可欠な、英語ライティングのスキル。

「英語は、なんとなくできればOK」という時代は終わりました。

 

ハッチ横浜の生徒さんにも、日本にいながら、日常的に英語を使う仕事をしている人がたくさんいます。

このような方達に必要なスキルが、Eメールなどのライティングです。

 

しかし、「たかがメールの返信なのに、時間がかかって仕方ない。。。」という悩みを抱える人が後を絶ちません。

なぜ、ライティングは難しいのでしょうか?

 

まず、ライティングには、豊富な語彙の知識が必要です。

「学校であれだけ単語暗記したのに、ほとんど忘れた!!」という人、結構いませんか?

 

また、ライティングは、正しい文法力が必要です。

「これは過去形かな?現在完了かな??」と考えながらでは、短いライティングにも、すごく時間がかかります。

 

さらに、書いたライティングをチェックしてくれる人がいないので、ちゃんと正しく書けているかも分からない…

こんな悪循環を繰り返しをやっている人が、とても多いです。

辞書や翻訳ツールは時間がかかる

「語彙と文法に自信あるのに、実際に使ってライティングができない」という人も、かなりいます。

日本語でも「読んで理解できるけど、自分では使いこなせない」という表現はたくさんありますし、これがライティングの難しさだと思います。

 

だから使っている、辞書と、Googleなどの翻訳ツール。

ところが、辞書と翻訳ツールを使う人は、ライティングにめちゃくちゃ時間がかかります。

 

その理由は、「辞書で調べたら単語がたくさん出てきて、どれが正しいか分からない!」から。

こんな人、多いんじゃないでしょうか??

 

一見、時短に役立ちそうですが、実は補助ツールのせいでライティングに時間がかかっている場合が、とっても多いんです。

さくっとライティングを身につけよう!

さくっとライティングできるようになるには、思いきりが必要です。

 

まず、Google翻訳を使うのはやめましょう。

翻訳の間違い探しに、時間がかかります。

 

また、辞書を使うときは、ちょっと工夫しましょう。

辞書アプリやサイトの、『例文』や『共起表現』を活用します。

 

例えば、辞書サイトWeblioの『共起表現』。

調べた単語がどんな文章で使われるのか、一覧が載っています。

 

「でも、これでライティングができるようになるの?」

「Google翻訳のほうが速いんじゃないの?」

 

そう思う人も、いるかもしれません。

しかし、ただ辞書や翻訳ツールに頼りきるのと、自ら進んで調べるのには、大きな差があります。

 

言語学者のクリス・ロンズデール氏曰く、『メッセージの意味が分かった時、無意識に言語を習得している。』

つまり、自ら能動的に調べることで、辞書や翻訳ツールで知ることのできない感覚的な部分を無意識に、習得することができるのです。

 

これをやり続けると、さらにたくさんの英文を目にします。

その内、どの単語がどんな文章でひんぱんに使われるか、知ることができます。

楽しく継続して力をつける

実は、英語のライティングは、日本語の文章よりも、かなりシンプルです。

学ばない手はありません。

 

辞書や翻訳ツールの使用は必要最小限に減らし、より能動的にライティングをこなしていきましょう。

 

継続は力なり。

でも、楽しくないと続かない!

 

少しずつでもできるようになると、ライティングは楽しいです。

そして、ちょっとの勇気が必要。

 

だから、思いきってこれまでの習慣をやめてみませんか?

無料体験授業をお試し下さい

●オンラインにて

平日・土曜日 9:00〜21:00
日曜日・祝日 9:00〜18:00

●対面にて

平日・土曜日 11:00〜20:00(東神奈川教室)
日曜日・祝日 11:00〜18:00(関内教室)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA