聞けないから、答えられない

英語相談を受けていると、「”なんとなく”聞けていて、”なんとなく”通じている気がする」という人がとても多いです。「”なんとなく”ではなく、”ちゃんと”英語を話したい」というのです。

このような人の多くが、あまり相手の英語を理解できていません。
”ちゃんと”話したいのなら、”ちゃんと”聞けないとならないのです。英語は日本語よりずっと率直な分、明確な答えが必要だからです。

さらに話を聞いていると、相手に「どういう意味ですか?」とか「よく理解できませんでした。」と言えないだけ、という場合がよくあります。

そのようなかんたんな英語が出てこない場合、これは英語力の問題でなく、その人が”英語イップス”に陥っている可能性が高いです。

【ハッチの辛口ブログ】英語イップス
【ハッチの辛口ブログ】英語イップス2
【ハッチの辛口ブログ】英語イップス3

よくある英会話レッスンの落とし穴

「大手英語学校や英語教室で英会話を勉強したけど、全然話せるようにならなかった」というのも、よく受ける相談です。

このような英会話レッスンの落とし穴は、講師による、生徒の発言の誘導です。
海外旅行などに行ったとき、外国人相手にゆっくりはっきり話してくれるのと同じです。

当然ながら、職場などで、こちらの英語発言を引き出してくれるような誘導はありません。
しかも、応答するだけでなく、こちらから積極的に意見を言わなければならないのです。

もちろん、このようなよくある英会話レッスンで、英語が話せるようになる人もいます。
そのような人は、おそらく「どういう意味ですか?」とか、「よく理解できませんでした」が無意識に言える人たちです。

また、英語のセンスやリスニング力が、生まれつき良い人もいるでしょう。

答えはその人次第

さらに、「聞かれたことは、”ちゃんと”答えないといけない」と思う人ほど、英語イップスに陥ります。
しかし、本当に「聞かれたことは、”ちゃんと”答えないといけない」のでしょうか?

「それは別の人に聞いてください。」や、「これから調べるので時間をください。」と答えるのも、立派な応答です。

そもそもかんたんな英語が聞けない人は、リスニングのトレーニングが必要です。
音読、シャドウイングやディクテーションなどのトレーニングが挙げられます。

その際、気をつけなければならないのが、トレーニングの教材選びです。
TIMEやBBCなど難しい素材でなく、子供向け絵本などのかんたんな教材を選びましょう。

「”ちゃんと”〜しなければならない」と思えば思うほど、英語イップスは深刻になります。
イップス傾向のある人ほど、英語が出てこないときの『気の利いたテッパンの一言』を持っておくことをおすすめします。

無料体験授業

【受付時間】
平日 11:00 - 最終受付 19:00
土日祝 11:00 - 最終受付 17:00
※空き情報は『お知らせ【無料体験】空き情報』のページをご覧ください。

【場所】
東神奈川教室(JR京浜東北線東神奈川駅、東急東横線東白楽駅から徒歩約5分)
関内教室(JR根岸線関内駅から徒歩約3分)
※平日・土曜日は東神奈川教室、日曜日・祝日は関内教室になります。