英語学習を続けるためのモチベーション

忙しい…英語学習、いつやる?

お忙しいビジネスピープルのレッスンを、数々担当してきました。

平日は朝から夕方まで勤務。
帰宅してからは、趣味や家族サービスの時間です。

このように、仕事にプライベートに多忙なビジネスピープルは、一体いつ英語学習をしているのでしょうか?

ちなみに、ハッチ横浜は、アウトプット英語にこだわる英語教室です。
実は、英語教室といえども、従業員は私一人だけ。

企画、営業、マネジメント、経理、運営、講師、、、
すべて一人で多忙ですが、必ず時間を見つけて習い事をしています。

私は、学習する時間は『作る』ものだと思います。
自分の場合は、朝起きて就業開始するまでの午前中が、習い事時間です。

この時間帯は、もしボーッとしていると、あっという間に時間が過ぎ去ってしまうので要注意です。

忙しい中…英語学習どこでやる?

生徒さんとお話しさせていただく中で、学習する時間を作る工夫を教えてもらえるときがあります。
「なるほどな〜」と、いつも感心することしきり。

一部、ご紹介します。

がっつり学習タイプの方は・・・

●早起きして自習する
●寝る前に自習する
●帰宅してからオンラインでレッスンを受ける
●退社後に語学学校でレッスンを受ける
●土日や休日に語学学校でレッスンを受ける

すきま学習タイプの方は・・・

●通勤時間を利用する
●昼休みに勉強する

その他は・・・

●テレビやラジオ番組を英語で視聴する

いやはや、素晴らしいの一言!
私は、このような生徒さんたちとお会いできて、とても光栄です。

モチベーションと目標は『作る』もの

一概に、仕事のできる人たちは、英語学習やその他習い事にも熱心だと思います。
それにしても、一体どうやったら学習に対するモチベーションを持ち続けられるのでしょう?

ただ「英語を話せるようになりたい」だけでは、漠然としていて、モチベーションとしては少し弱いかもしれません。

まず、モチベーションを保つためには、成果を感じることが大切です。
成果や成長を感じられないのに、ただただ学習することはとても辛く、長続きしません。

さらに、成果を感じるためには、目標を『作る』ことです。

大きな目標だと、昇進や転職、留学など。
小さな目標だと、テストのスコアアップなど。

このように、まずは小さな目標を『作る』ことをお勧めします。

「昇進したい」や「転職したい」のような大きな目標は、漠然と「英語を話せるようになりたい」と思うことと同じで、モチベーションを保ちづらい場合が多いです。

自分の英語力を客観的に見てしてもらうため、お気に入りの講師を見つけることも重要です。
レッスンの復習と宿題のチェックを必ずしてくれる先生は、いい先生です。

逆に、説明が多く、どんどんテキストを進めていく講師の場合は、注意が必要です。
内容の理解はできていても、英語力が定着しない可能性があります。

私自身、生徒さんが『作る』モチベーションとなる目標や夢を持ち続けられるよう、日々精進したいと思っています。

無料体験授業をお試し下さい

●オンラインにて

平日・土曜日 9:00〜21:00
日曜日・祝日 9:00〜18:00

●対面にて

平日・土曜日 11:00〜20:00(東神奈川教室)
日曜日・祝日 11:00〜18:00(関内教室)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA