品川にある外資系企業で、週に一度メールライティングを教えています。

メールライティングのクラスでは、生徒さんに文の構成を覚えていただくことと、言い回しの引き出しを多く持っていただけるようにしてもらうことを心がけています。

同時に、英作文をする授業にならないよう気をつけています。

業務上の英文メールは、日本語のメールと同様、しっかり雛形が決まっています。

これに沿って書くことができると、多少の文法ミスがあってもある程度相手の方に通じると思います。
(ただし、単語のスペルミスや肯定・否定のミスには気をつけなければなりません。)

日常的に英文メールを送る必要がある職業の方は、それがなるべく英作文作業にならないことをオススメします。
英作文は基本的に翻訳家の仕事であり、翻訳家であっても非常に時間がかかる作業です。

そのためには、やはり適量の引き出しを持ち、引き出しから出した表現を繰り返し使用して慣れることが大切です。
知識を増やすのは楽しいですが、実際に使わないとあまり意味がないと思います。

「たくさん服はあるのに、実際に着れる服が少ないんだよね」という女性を多く知っていますが、これと同じです。
引き出しの中のアイテムの多さが、時に仇になることがあります。

英語は、使えて初めて意味を持つと思います。
使える環境にあるラッキーな方はどんどん使い、そうでない方も工夫次第でそのような環境で英語を使うことができると私は思うのです。

無料体験してみませんか?

【時間】
平日 11:00 - 最終受付 19:00
土日祝 11:00 - 最終受付 17:00
(月曜日定休)

【場所】
東神奈川教室(JR京浜東北線東神奈川駅、東急東横線東白楽駅から徒歩約5分)
関内教室(JR根岸線関内駅から徒歩約3分)
※場所は日時により異なります。詳しくはお問い合わせください。