昨今、ビジネスピープルに人気の授業がEmailライティングです。
「社内で急に依頼されて困っているから、ちゃんと習っておきたい」という方が多いようです。

ところで、Emailライティングと英作文は異なります。

前者は、よく使う表現がほぼ決まっているもの。後者は、『翻訳』に近いと思います。
ですが、多くの英語ラーナーの方がEmailライティングの際にやっておられるのが、英作文(翻訳)なのです。

英語も日本語と同様、「お世話になっております。」や「ご連絡をお待ちしております。」のような定型文に該当する文章があります。
また、文の構成も、ほぼ雛形通りです。

極端な話、海外の送信者から送られたメールと同じような単語を使い、同じような構成で書けば良いとも言えます。

Emailライティングをする際に困る理由として、多くの英語ラーナーの方達は「自分は英作文ができないからEmailが書けないのだ」と思い込んでいるように思います。

生徒さんのほとんどが「Emailライティングは自分が思ってたのよりシンプルですね」とおっしゃるのですが、実はそこがポイントです。

本当は、”シンプルに書く”点に難しさがあるのです。

Emailライティングは、情報が相手に正確に伝わることが重要です。
定型文や記号、適切な接続詞などを使って、シンプルでスマートなEmailライティングを目指していただきたいと考えています。

無料体験してみませんか?

【時間】
平日 11:00 - 最終受付 19:00
土日祝 11:00 - 最終受付 17:00

【場所】
東神奈川校(横浜市神奈川区西神奈川1-13-12アーバンビル6F)
関内校(横浜市中区不老町1-2-1 中央第6関内ビル3F)