英語のプレゼントいうと、ちょっとハードルが高いイメージがあります。

しかし『Introduction – Body – Conclusion』で話せば、だいたいのことはプレゼンできます。大まかに言うと、こんな感じです。

●導入 - 詳細 – まとめ
●本題 – 例 – まとめ
●本題 – 過去の実績 – これからの目標
●挨拶 – エピソード – 最後の言葉
●最初の言葉 – キーワード別プレゼン – 最後の言葉

などなど、『Introduction – Body – Conclusion』のバリエーションは永遠にあり、フォーマットは自分で決められます。

初級の方は、基本の英文法を学びながら、ライティングを通して楽しくプレゼンに慣れることをオススメします。
中級の方は、正しいライティングを学びながら、英語特有の言い回しなどを学びとよいでしょう。
上級の方は、より細かな文章を加え、アイコンタクトやボディーランゲージを取り入れて練習してみてください。